寝不足による吐き気の対策 | 寝不足で吐き気がする、気持ち悪い時の対処法

寝不足が続いたせいで、だんだんと吐き気までするようになってきた・・・。

そんな時、みなさんどうしていますか?

寝不足になるほど頑張らなければならない時に気分が悪くなってしまなんて最悪ですよね。。

寝不足による吐き気の対策 寝不足 吐き気 気持ち悪い (1)

 

睡眠には脳をはじめとする内臓の他、血管、神経、筋肉などを休息させる働きがあります。

しかし、十分な睡眠が確保できなければ体に疲れが溜まったままになってしまうので、

その結果、頭痛や眩暈などのさまざまな不調が表れます。

吐き気もその内の一つです。

 

今回は寝不足による吐き気の原因と、対策について纏めてみました。

 

[ スポンサードリンク ]


 寝不足による吐き気の対策

 

睡眠不足による吐き気は一時的なものではなく、

気持ち悪い感覚が丸一日続くこともあるので非常に大きな負担となります。

 

寝不足による吐き気は体に溜まった疲れが原因となっているので、

その疲れを抜かない限りは根本的な解決になりません。

 

そのため、対策としては日中は可能な限り体に負担をかけないようにすることと、

夜中は十分な睡眠を確保するようにすることが必要となります。

 

 寝不足による吐き気の対策について ~運動編~

 

寝不足による吐き気がある場合、日中に激しい運動は行わないようにするべきです。

しかし、少しでも体を動かせる余裕があるのならば、外に出て軽く運動をしてみるのもいいでしょう。

 

日中の運動には夜中の睡眠の質を高める効果がありますし、

日光を浴びることで体内時計のサイクルを整える効果も期待できます。

 

寝不足による吐き気の対策について ~食事編~

 

寝不足の時は普段よりも食事に気を遣う必要があります。

珈琲、炭酸飲料、スパイスの効いた料理などの刺激物を摂取すると、

弱った胃腸に大きな負担をかけることになるため、そうした食品は摂らないようにします。

 

食事は消化がしやすいお粥、雑炊、おじや、うどん、豆腐、豆乳、野菜スープなどがいいでしょう。

 

また、水分が不足すると血行が悪化し、吐き気が更に酷くなる可能性があります。

水分補給は小まめに行うようにし、必要に応じてスポーツドリンクなどを飲むようにします。

 

寝不足による吐き気の対策について ~その他~

 

その他、可能であれば昼寝を取るようにするといいでしょう。

昼寝を取れば吐き気など、寝不足による症状は大幅に緩和されます。

 

もっとも、学校や仕事などの関係でゆっくりと休めないという場合もありますが、

そんな時は周囲の協力を得ることも大切です。

体調不良の状態では勉強の集中力も下がりますし、仕事の生産性も低下するというものです。

 

夜中、睡眠前にはマッサージやストレッチを行うと効果的です。

筋肉が解れ、血行が促され、質のいい睡眠が取れるようになるので疲労回復効果が高まります。

 

また、寝室にリラックス効果のあるアロマやハーブなどを取り入れるのもいいでしょう。

近年では快適な眠りを誘うヒーリングミュージックなども数多く販売されています。

 

しかし、こうした対策を講じて寝不足による吐き気が解消されても、

以前のライフスタイルに戻してしまうと再び不調を来たす可能性が高いので、

寝不足の原因がどこにあったのかを見直すことも大切です。

    [ スポンサードリンク ]


    この記事を読んだ方はこちらの記事も参考にしています:

    [ スポンサードリンク ]