北の大地の夢しずくの使い方や注意点、よくある質問を纏めました。

『北の大地の夢しずく』を効果的に使用するために、
「北の大地の夢しずく」の使い方や注意点、よくある質問等について纏めてみました。

北の大地の夢しずくの使い方や注意点、よくある質問を纏めました。

 

このブログで紹介している『北の大地の夢しずく』ですが、
早いもので飲み始めて既に一週間が経ちました。

徐々にですが、以前よりぐっすり休めるようになってきたのを実感しています。

↓↓北の大地の夢しずく↓↓

 

そこで今回は『北の大地の夢しずく』を効果的に使用するために、
『北の大地の夢しずく』の使い方や注意点、よくある質問等について纏めてみました。

 

北の大地の夢しずくを使用するタイミング

 

まずは『北の大地の夢しずく』を使用するタイミングです。
『北の大地の夢しずく』を使用するタイミングは主に2つあります。

 

①毎日の終わり、床に入る約30分~1時間前に飲用する

こちらが本来の使い方ですね。

『北の大地の夢しずく』は使用してから、約30分後~2時間で効果が実感できるように、
設計されているそうです。(当然個人差はあるでしょうが)

ぐっすりと休むためには、眠る30分~1時間前を目安に飲用しましょう。

 

②疲れている時に、リフレッシュするために飲用する。

『北の大地の夢しずく』は睡眠薬と違い健康食品なので、
眠るときだけでなく、疲れていてリフレッシュしたい時などにも飲用する事が可能です。

また『北の大地の夢しずく』は睡眠薬と違い、
成分が身体に残ってしまうことも無いそうなので、日中でも安心して飲用できますね。

 

北の大地の夢しずくを使用する際の注意点

 

次に、『北の大地の夢しずく』を使用する際の注意点についてです。

 

①飲用する際は最後の一滴まできちんと飲む

『北の大地の夢しずく』は自然由来の原料を使用しているので、
休息成分がアルミスティックの中で沈殿している事があるそうです。

そのため、きちんと最後の一滴まで絞り取って飲まないと、
大事な休息成分がスティックの中に残ってしまうので注意が必要です。

 

②カフェインやアルコールと併用しない

飲み合わせで身体に障害が出るような事はないですが、
カフェインやアルコールを含んだ飲み物は睡眠を妨げる効果があるので、
カフェインやアルコールを飲んだ後に『北の大地の夢しずく』を飲んでも効果が薄いそうです。

 

正直勿体無いので、飲み会のあった日は『北の大地の夢しずく』は飲まない。
『北の大地の夢しずく』を飲む日はカフェインやアルコールを控える。
など、状況によって使い分けるようにしましょう!

 

③銀色のスティックに入ったまま加熱、冷凍しない

保存は常温保存が可能です。
下手に加熱したり、冷凍保存したりすると、
袋が破裂する可能性があり危険ですので注意しましょう。

 

北の大地の夢しずくについて、よくある疑問・質問

 

次に『北の大地の夢しずく』を使用するにあたって、
よくある疑問・質問について簡単に纏めてみました。

 

気になる内容がありましたら、クリックで内容が表示されます↓

妊娠中・授乳中に飲んでも大丈夫か?
適用年齢は?子供や年寄りでも大丈夫か?
薬や他のサプリメント等と併用しても大丈夫か?
飲む量を増やしても大丈夫か?

 

以上、よくある疑問・質問でしたが、
ここにない項目は公式サイトから販売者へ直接質問する事も出来ます。

 

『北の大地の夢しずく』を販売されている北の快適公房さんでは、
なんと健康管理士さんと専任アドバイザーさんが質問に回答してくれます!

 

私も購入前にプライベートな事で質問をしてみましたが、
とても丁寧に回答してくれて良かったですよ(*´ェ`*)

 

質問の方法を説明しておきますね。

1.まずは公式サイトに飛びます→リンク

北の大地の夢しずく 公式サイト①

 

2.公式サイトが表示されたら一番下まで移動して下さい。

一番下まで移動したら「お問い合わせ総合案内」という項目がありますので、
そこをクリックします。(↓下の図はクリックで拡大します)

北の大地の夢しずく 公式サイト②

 

3.「お問い合わせ総合案内ページ」が表示されます

電話で質問する場合は青丸の部分、
WEBから質問をしたい場合は赤丸の部分から質問をして下さい。

北の大地の夢しずく 公式サイト③

 

以上、たった3ステップで質問することが出来ます。

 

電話をするのに抵抗がある人、電話をする時間が無い人も、
WEBから簡単に質問できますので、
少しでも疑問に思うことがあれば、是非質問してみてくださいね。

 

    この記事を読んだ方はこちらの記事も参考にしています:

    コメントを残す