北の大地の夢しずくは効果があるのか?その成分は?

北の快適工房さんから『北の大地の夢しずく』という商品が新しく発売になりましたが、

ご存知でしょうか?

↓↓これです↓↓

北の快適工房さんと言えば、あの有名な
日本一売れているオリゴ糖『カイテキオリゴ』を販売されている会社ですが、
今回発売された『北の大地の夢しずく』は、新発想の休息サポート飲料。

 

なんでも、毎日ぐっすり休めるようになるらしいですよ・・・

 

私自身、昔から眠りが浅く、
・なかなか寝付けない・・・
・長時間寝たのになぜかスッキリしない・・・と、
睡眠についていろいろと悩んできました。

 

もし本当に『北の大地の夢しずく』を飲むだけで、
毎日ぐっすり休めるようになるなら凄いですよね!是非欲しい!

という事で、まずはその話が本当かどうか、いろいろと調べてみました。

 

 北の大地の夢しずくの効果は?

 

さて、まずは『北の大地の夢しずく』の効果についてですが、
一体どのような効果があるのか?

 

販売ページによると、

  • 負荷のかかった身体を内側から直接癒す
  • 満足に休めるから、毎朝スッキリ朝を迎えることができる。
  • 休息までがとてもスムーズで、毎日ぐっすり休めるようになった。

といった効果が記載されています。

 

もし本当なら、私のように眠りの浅い人間にとって最高の効果ですね!

 

基本的に、毎日ぐっすり休むための方法としては、

①生活習慣の改善やストレスの解消など、外的要因を解決する方法と、
②薬やサプリメントなどで身体の内側から治す、内的要因を解決する方法

の二つに分かれるわけですが、

この『北の大地の夢しずく』に関しては、②の内的要因の解決に大きく貢献してくれそうです。

※分かりやすい図があったので、記載しておきますね。

北の大地の夢しずく 効果・効能

 

北の大地の夢しずくの成分は?どうしてぐっすり休める効果があるのか?

 

『北の大地の夢しずく』はどんな成分で出来ているのでしょうか?

毎日ぐっすり休むために効果がありそう!。というのはわかりましたが、
実際何が入っているのかわからないと不安ですよね。。

 

販売ページを見ても、
『アスパラガスから抽出した休息誘発成分』を使用しているとしか書いていませんし・・・

resize

 

正直「・・・????」

 

って感じですよね。。

 

アスパラガスが睡眠に効くなんて聞いた事ないですよね?

 

そこで『北の大地の夢しずく』の成分内容、
アスパラガスと睡眠の関係について調べてみました。

 

まずは、『北の大地の夢しずく』の成分内容です。

原材料名

グレープフルーツ果汁、加藤ブドウ糖液等、酵素処理アスパラガス抽出物、ギャバ、ホップエキス末、クワンソウエキス、トレハロース、クエン酸、安定剤(大豆多糖類)、香料、ビタミンB6、ビタミンB2、ビタミンB1、ユッカ抽出物、L-テアニン

栄養成分表示(スティック1本(10g)あたり)

熱量:7kcal、たんぱく質:0.04g、脂質:0g、炭水化物:1.72g、ナトリウム:0.99mg

噂の酵素処理アスパラガス抽出物の他に、
ギャバ、ホップエキス末、クワンソウエキス、ビタミンB6、
ビタミンB2、ビタミンB1、ユッカ抽出物、L-テアニン
など、
気持ちを落ち着かせて睡眠に効くと言われている成分が多数入っているみたいですね。

 

そしてメインの酵素処理アスパラガス抽出物ですが、
なんと『酵素処理アスパラガス抽出物と睡眠改善効果』について、
株式会社アミノアップ化学さんが学会で発表されていました!

抗ストレス素材~酵素処理アスパラガス抽出物「ETAS™」に新しい機能性
睡眠改善効果などの新たなエビデンスを続々と発表!!!
株式会社アミノアップ化学は、
抗ストレス素材「酵素処理アスパラガス抽出物“ETAS”」の新たな機能性として
“睡眠改善効果の可能性”と“HSP70 発現誘導効果、神経細胞保護効果”の示唆について、
それぞれ学会にて発表することが決定いたしました。

講演内容:酵素処理アスパラガス抽出物の新たな機能:ストレス軽減、睡眠障害予防

 

わざわざ学会で発表され、
さらに既に特許も出願中と言う事ですので、毎日の休息に期待できそうですね!
※(参考)酵素処理アスパラガス抽出物については、
株式会社アミノアップ化学さんのHPで紹介されています。

 

まさかアスパラガスにそんな効果があったとは!驚きですね。

 

そんな酵素処理アスパラガス抽出物が入った『北の大地の夢しずく』ですが、
こちらの公式サイトから購入できます(*´ω`)

 

最近ぐっすり眠れていないという方は、一度試してみてはいかがでしょうか?

『北の大地の夢しずく』を試してみる。

    この記事を読んだ方はこちらの記事も参考にしています:

    [ スポンサードリンク ]



    コメントを残す