間接照明は快眠を促すって本当?睡眠と照明の関係性について

睡眠に入る前にテレビを見たり、パソコンを使ったり、ゲームで遊んだりすると寝付き難くなったり、眠りが浅くなったりするとされています。

同じ光でも、間接照明は快眠を促すとご存知でしょうか?

テレビやパソコン、ゲーム機から発せられるブルーライトには、覚醒作用のあるメラトニンの分泌を促進させるという働きがあり、脳のリラックスが阻害され、眠りの質を下げる原因になります。

また、この状態が長期間に渡って続くと体内時計が狂ってしまうため、不眠症をはじめとする睡眠障害の原因にもなるのです。

[ スポンサードリンク ]


明かりと脳

脳は強い明かりを浴びると覚醒しますが、それは電気照明に関しても同様のことが言えます。

欧米では夜間は明度の低い間接照明を使用するのが一般的となっていますが、夜間も蛍光灯の明るい光のもとで生活することの多い日本では、欧米と比べて、不眠症に悩んでいる方が多いのです。

夜間の照明の強さも不眠症の原因の一つと考えられています。

 

間接照明ってどんなもの?

間接照明は光源の光を天井や壁に当て、反射光を利用した照明であり、眩しすぎない柔らかい光が特徴です。

目に優しく、脳へ与える刺激も最小限に抑えられます。

間接照明の中でもオレンジ色のものは特に目に優しいとされています。

夕日と同じオレンジ色にはリラックスを促す効果があるため、寝室を癒やしの空間として演出することが可能です。

 

真っ暗闇がストレスになる場合も

照明を消せば目に対する刺激は全てなくなりますが、完全な暗闇は場合によっては無意識下の不安感や恐怖感を煽り、神経過敏になってしまう可能性もあります。

部屋を暗くしているのにグッスリと眠ることができないという方も間接照明の導入を検討してみるといいでしょう。

 

間接照明のオススメ

間接照明はそれほど値段が張るものではなく、インターネットサイトでもさまざまな商品がラインナップされています。

エムールの月タイプは可愛らしい月の形のデザインをした間接照明です。

月タイプにはブルーライトの発生を抑えた白熱灯が使用されており、緩やかな眠りへと誘ってくれます。

白熱灯は蛍光灯と比べると消費電力が大きいというデメリットがありますが、間接照明は長時間に渡って点けっぱなしにしておくものではなく、使用はあくまで夜間の数時間に限定されるのでそれほど気にする必要はないでしょう。

月タイプは素材に天然木であるマツ科のスプルスを採用しており、モダンやクラシックなど、どのようなインテリアにも合わせられるナチュラルなデザインをしています。

また、月のデザインを模した月タイプは角度によって明るさを変えることができ、別売りの調光器を使用すれば明るさそのものを変化させることができます。

    この記事を読んだ方はこちらの記事も参考にしています:

    [ スポンサードリンク ]