漢方で不眠症を改善することはできるのか?不眠症と漢方の効果について。

健康を維持増進するために必要な睡眠ですが、近年、不眠症に悩まされる人が増えてきています。

その状態を改善するために、睡眠薬に変わる薬として漢方薬が注目され始めているって知っていますか?

東洋医学によると、不眠症は体を構成する血液、水分、内臓のバランスの乱れによって生じ、これらの乱れを正すことが改善に繋がるとされています。

西洋医学は病気の原因を除去することで回復を目指しますが、東洋医学は免疫力を強化することによって回復を目指すものです。

通常の医薬品とは異なり漢方薬は緩やかに作用するため、副作用が起きる心配がほとんどありません。

[ スポンサードリンク ]


最適な漢方薬の選択は経験豊富な漢方医でも難しい

入眠障害や中途覚醒、早朝覚醒、また熟眠障害や心因反応性の不眠症、精神不安や食欲不振などを伴う不眠症など、不眠症の種類や程度によって最適な漢方薬は変わってきます。

また、不眠症患者の体質も重要です。

漢方医学では体格がガッシリとしていて胃腸が丈夫な方は実証、体格が細身で胃腸が弱い方は虚証と呼ばれ、処方される漢方薬もそれぞれ異なってきます。

漢方薬には大柴胡湯、黄連解毒湯、三黄瀉心湯、柴胡桂枝乾姜湯など、睡眠薬の代わりとして使用できるものは多いですが、それが自身の体質に合っているとは限らないので、使用する前に漢方医の診断を受けた方がいいでしょう。

 

不眠症治療に効果的な漢方薬

不眠症を改善するために効果的な漢方がいくつかあります。

その効果やどんな人に効くかも合わせて見てみましょう。

 

 酸棗仁湯

精神を落ち着かせる働きがあり、自然でゆったりとした睡眠を促します。

また、高い滋養強壮効果があるため、体力が衰えている高齢者の使用にも適しています。

 

 加味逍遙散

リラックス効果の他、疲労回復効果があるため、心身の疲れを取り除くことで深い睡眠を得ることが可能になります。

冷え症、便秘、生理不順など、女性に多い症状にも高い効果を発揮するため、不眠症で悩んでいる女性の使用に最適です。

 

 三黄瀉心湯や黄連解毒湯胃腸

体が丈夫で体力もあるという方にはが有効です。

これらの漢方は黄連という成分を含んでおり、イライラを抑えるという働きがあります。

 

漢方薬と睡眠薬の併用について

漢方薬の最大のメリットが副作用の心配をほとんどしなくていいという点ですが、緩やかに作用するという性質上、漢方薬には即効性は期待できません。

そのため、眠れない夜に漢方薬を服用するといった使い方はできないということになります。

東洋医学と西洋医学のそれぞれのメリットを生かし、最近では睡眠薬と漢方薬を併用している不眠症患者も増えてきています。

ただし、飲み合わせによって副作用が生じる可能性もあるため、睡眠薬と漢方薬を併用する場合は必ず医師に相談をする必要があります。

    この記事を読んだ方はこちらの記事も参考にしています:

    [ スポンサードリンク ]