アロマによる睡眠効果はどのくらい?オススメの芳香器は?

アロマテラピーとは、花、柑橘系の果物、樹の皮、ハーブなどからエッセンシャルオイルを抽出し、香りを楽しむリラックス法のことです。

アロマテラピーにはいろいろな効果が期待できますが、その中に、睡眠の質を高めるというのがあると知っていますか?

芳香療法とも呼ばれるアロマテラピーには自律神経、免疫系、ホルモンバランスなどの働きを整える効果があります。

近年ではアロマテラピーに使用できるさまざまな芳香器が販売されていて、値段も比較的安価なので、手軽に取り入れやすくなっています。

睡眠の質を高めるために使う場合、どの芳香器が使いやすいのでしょうか?

[ スポンサードリンク ]


様々な芳香器の使い方

芳香器には香りをどのように拡散させるかによっていくつか種類があります。

 

 アロマポット

アロマポット(アロマウォーマー)はキャンドル式の芳香器です。

受皿に注いだ水やお湯にエッセンシャルオイルを数滴垂らし、キャンドルに火を点けて使用します。

比較的安く買えるので芳香器として広く親しまれている商品です。

 

 アロマランプ

アロマランプ(アロマライト)は電気式のアロマ芳香器で、火ではなく電気を使用するという点にアロマポットとの違いがあります。

火を使わないので就寝時でも使用することができるというのがメリットです。

 

 アロマブリーズ

アロマブリーズ (ファン式アロマ芳香器)は風力式のアロマ芳香器です。

マットにエッセンシャルオイルを沁み込ませ、ファンが起こした風でアロマの香りを広げるという仕組みになっています。

小型で携帯性に優れるもの、人の動きにセンサーが反応してオートで動作するものなど、商品のバラエティーに富んでいるのが特徴です。

 

アロマテラピーを行う際に注意すること

アロマテラピーは気軽に楽しむことができるリラックス法として人気を博していますが、アロマテラピーを行う際にはエッセンシャルオイルの品質に注意する必要があります。

通常、アロマテラピーには天然素材から抽出した純度100パーセントのエッセンシャルオイルが使用されますが、エッセンシャルオイルの中には天然成分以外の成分が配合されているものもあります。

効果が出ないだけでなく悪影響が出ることもあるので、エッセンシャルオイルの購入時には主産地や原産、抽出部位や抽出方法などを確認しておくことが大切です。

また、エッセンシャルオイルは空気に触れると酸化して劣化が始まるので、一度に大量に買い込むのは避けた方がいいでしょう。

体質によってはアロマテラピーでアレルギー反応が出る場合もあるので、出来れば使用前にパッチテストを行ってから使用するのが望ましいです。

催眠作用があるエッセンシャルオイルは非常に豊富なので、好みやその日の気分に応じて使い分けが可能です。

    この記事を読んだ方はこちらの記事も参考にしています:

    [ スポンサードリンク ]