飲み物も睡眠の質を左右する大事な要素 | 飲み物と睡眠の質の関係

様々なものが睡眠に影響しますが、飲み物も睡眠の質に大きく関わっていることをご存知でしょうか?

飲み物も睡眠の質を左右する

睡眠に良い飲み物を就寝前に飲むことにより、寝つきがよくなり、グッスリと眠ることが可能です。

[ スポンサードリンク ]


リラックス効果の高いハーブティー

リラックス効果の高いハーブティー

ハーブには高いリラックス効果があり、寝室にハーブを焚いているという方も多く見られます。

同様の効果はハーブティーでも得ることが可能です。

特に、カモミールティーやラベンダーティーには高い入眠効果、快眠効果があり、就寝前の飲み物として最適とされています。

 

体温をコントロールするのに効果的な飲み物

体温をコントロールするのに効果的な飲み物

人間の体は入眠時に体温が低下していくという性質を持っています。

そのため、就寝前に体温を上昇させる飲み物を飲むと体温が低下しやすくなり、寝つきもよくなります。

 

 生姜湯

生姜湯には強い体温上昇の効果があり、それによって免疫力を向上させるという働きもあるので、疲れ気味の時や風邪気味の時などは生姜湯を飲むことでぐっすりと眠ることができます。

その他、風呂に生姜湯を入れるのも有効です。

なお、生姜紅茶には脳の覚醒作用があるカフェインが含まれており、夕方以降に飲むと眠れなくなってしまう可能性があるので注意が必要です。

 

 オニオンスープ

玉ねぎには冷え症の改善効果があるので、手足が寒くて眠れないという方には特に大きな効果を発揮します。

夕食時や就寝前の飲用が最適です。

 

 ホットミルク

体を温める効果の他、心を落ち着けるリラックス効果があります。

そのため、就寝前の一杯としてホットミルクを飲んでいる方はとても多いです。

なお、ホットミルクは砂糖で甘くすると睡眠に悪影響を与える可能性があるので、砂糖を使用するにしても分量は少量に抑え、蜂蜜などで甘味をつけるようにするといいでしょう。

 

ノンアルコールの意外な健康効果

ノンアルコールの意外な健康効果

アルコールには眠りを促す働きがあります。

しかし、アルコールによって誘発された眠気はアルコールが抜けると冷めてしまうため、眠りが浅くなったり、眠っている途中で目が覚める中途覚醒を引き起こしやすくなります。

晩酌を嗜んでいる方は多いですが、脳の機能が麻痺しない程度に抑えることが大切です。

なお、ノンアルコールビールにはアルコールが含まれていないため、上述したような睡眠への悪影響はありません。

むしろ、ビールに含まれるGABAのリラックス効果を得ることができるため、睡眠の改善に高い効果を発揮するとされています。

寝付きが悪いという方は晩酌にアルコールではなく、ノンアルコールビールを飲むようにした方がいいでしょう。

    この記事を読んだ方はこちらの記事も参考にしています:

    [ スポンサードリンク ]