圧縮睡眠で睡眠時間を短縮できるのか?

「ドラえもん」の秘密道具でも登場した、「圧縮睡眠」が話題となっていますね。
圧縮睡眠は実際に行うことが可能なのでしょうか?

圧縮睡眠で睡眠時間を短縮できるのか?

 

「圧縮睡眠」とは、睡眠の質を上げる事で全体の睡眠時間を短縮する睡眠法。
つまり、“量より質を重視した睡眠法”って事ですね!

 

短時間の睡眠で疲れが取れるなら素晴らしいですよね・・・

 

受験勉強などで時間が取れない時、仕事で忙しい時など、
睡眠時間を短縮したいという要望は多数あると思いますので、
これは是非とも有効に活用したい所です。

[ スポンサードリンク ]


圧縮睡眠で睡眠時間を短縮するには?

 

あの有名な「ドラえもん」でも、
「圧縮睡眠剤」という秘密道具が登場しています。

<テレビ朝日にて放映中>

ドラえもんと圧縮睡眠剤

なんでもこの「圧縮睡眠剤」を使用すれば、
一時間の睡眠で十時間分の睡眠を取ったことになるそうです。
素晴らし過ぎる・・・

 

そんな便利な「圧縮睡眠剤」が実在すれば、何も悩む必要はないわけですが・・・
まぁ実際はそうはいきませんので、自分で睡眠時間をコントロールする必要があります。

 

圧縮睡眠の方法についてはいろいろ議論されていますが、
大雑把に言えば、

・寝る前にリラックスする(精神的・肉体的の両方)

・食事の量を減らす

・睡眠環境(室温、照明、寝具など)を整える

・起床後は太陽の光を浴びて、きちんと朝食を取る

など、とにかく睡眠の質を上げる事が大切になります。

 

また休息をサポートしてくれる、
サプリメントを摂取する事も、睡眠の質を上げるのに効果的でしょう。

 

 

圧縮睡眠は身体に悪いのか?

 

もう一点気になる事があるとすれば、
「圧縮睡眠をする事は身体に悪いことなのか?」という事だと思います。

 

「睡眠時間を削る」と聞くとなんだか悪いイメージがありますよね。。

 

しかし最適な睡眠時間というものは、そもそも人によって様々ですので、
睡眠時間を短縮したからといって、=身体に悪いという事にはなりません。

 

芸能人の方でも睡眠時間が極端に短い人がいらっしゃいます。
例えば「明石家さんまさんは、一日平均2~3時間しか睡眠を取っていない」
といった話は割りと有名な話かと思います。

 

しかし、毎日8時間眠っていた人が急に3時間睡眠にするなど、
無茶なことをすると、やはり身体への負担が大きくなります。

 

睡眠時間を短縮する場合は、
一日30分ずつ短縮するなど、徐々に身体を慣らしていく事が重要です。

    [ スポンサードリンク ]


    この記事を読んだ方はこちらの記事も参考にしています:

    [ スポンサードリンク ]