寝不足による高血圧には磁気枕がおススメ? | 寝不足と高血圧の関係を学ぶ

高血圧は日本人にもっとも多いと言われる病気ですが、なかなか改善されない人の中には寝不足が原因となっていることがあるって知っていますか?

寝不足による高血圧は治療が難しい

高血圧は生活習慣病の1つであり、高い血圧が日常的に維持されているという症状のことです。

高血圧になると血管に負荷がかかり、脳梗塞、脳卒中、動脈硬化、心不全、腎不全、虚血性心疾患など、命に係わる重度の疾患を引き起こす可能性が高まってしまうので、高血圧の治療は世界中で広く行われており、高血圧の専門外来を行っている医療機関も多くあります。

 

高血圧を引き起こす代表的な原因が食生活の乱れですが、食事の栄養バランスに気を遣い、薬もきちんと服用しているにも拘わらず血圧が下がらないという方もいます。

こうした治り難い高血圧は寝不足が原因となっていることも多いです。

一般住民に対する調査結果によると、平均睡眠時間が5時間以下の方は高血圧の有症率が非常に高くなるという結果も出ています。

[ スポンサードリンク ]


寝不足による高血圧が治りにくいのはなぜ?寝不足と高血圧の関係

寝不足による高血圧が治りにくいのはなぜ?寝不足と高血圧の関係

寝不足が原因となっていると高血圧が治りにくいと書きましたが、それはどうしてなのか、まずは寝不足と高血圧の関係を見てみましょう。

寝不足になると自律神経の内、主に日中に活発になる交感神経の働きが過剰になり、血液中のアドレナリンの量が多くなります。

興奮作用のあるアドレナリンは心臓の働きを強める働きがあり、全身の血管を収縮させるので血圧が上昇します。

本来ならば、血管をリラックスさせなければならない夜間においても常にストレスがかかった状態が続くことになるため、眠りは浅くなり、寝ている途中で目が覚めることも多くなります。

次に、寝不足による高血圧がなぜ治り難いかというと、その一因として悪循環に陥りやすいということが挙げられます。

寝不足になると疲れが溜まったままなので、脳、血管、神経は常にストレスを抱えた状態です。

上述した通り、ストレスを抱えたままでは質の良い睡眠を取ることが難しく、それによってずっと寝不足が続いてしまうということが多々あるのです。

 

質の良い睡眠をとるためには磁気枕がおススメ

質の良い睡眠をとるために

高血圧の方は寝不足になりがちなので、質のいい睡眠が取れるように工夫を行う必要がありますが、それには磁気枕が効果的です。

磁気枕には内蔵された永久磁石に血流促進、血行改善の効果があり、睡眠中に血圧が上昇して眠りが浅くなるという状況を防ぐことができます。

その他、磁気ネックレスなどは睡眠時だけでなく、日常的にも使用できるので大変便利です。

 

どちらも楽天市場やAmazonで簡単に購入する事が出来ます。

楽天市場の検索結果

Amazonの検索結果

1万円以下で購入出来る物もたくさんありますが、こうした磁気系の健康グッズは偽物や粗悪品も数多く出回っているので注意が必要です。

購入の際には信頼できる販売店を選択するようにしましょう!

 

当サイトのおススメの磁気枕を紹介

 

最後に、当サイトでおススメの磁気枕をいくつか紹介しておきます。

 

 コラントッテピロー MAG-RA(マグーラ)(医療機器認証取得済み枕)

価格:21,600円(税込)

そこそこ値が張りますが、人気のため既に公式サイトでは売り切れとなってしまっています(本記事執筆時点)。

ただし、楽天市場Amazonではまだ購入が可能なようですので、興味がある方は一度確認してみてください。

※商品説明は公式サイト、レビューは楽天市場で確認するのが分かり易いと思います。

 

 磁気まくら ぐっすり(医療機器認証取得済み枕

価格:4,500 円(税込)

お手ごろな値段ですが、レビュー評価が「4.21点 (204件)/5点満点」と高評価な枕です。

「いきなり高級枕はちょっと・・・」と言った方におススメ。

※こちらは楽天市場で購入可能です。

 

どちらの枕も購入者のレビュー内容も良く、医療機器認証も取得している枕なのでおススメです。

高血圧で寝不足の方は一度検討してみては如何でしょうか?

    この記事を読んだ方はこちらの記事も参考にしています:

    [ スポンサードリンク ]