AB型は睡眠時間が長くなる!?血液型と睡眠の関係について調べてみました。

日本には血液型診断というものがあり、ニュースや雑誌でコーナーが作られるほどの高い人気と知名度を持っていますが、実は睡眠と血液型にも関係があり、特にAB型の方は睡眠時間が長くなる傾向があると言われています。

AB型は睡眠時間が長くなる

血液型診断は根拠のない占いだと考えている方も多く、特に血液型診断に馴染みのない諸外国の方には鼻で笑われることも多いです。

しかし、近年では脳科学の発展により、刺激を受けた際の脳の活動部位が血液型によって異なることが分かってきており、血液と性格の関連性が実証されつつあります。

 

心身の機能というのは相互に影響しており、体の一部である血液の種類が脳活動に影響を及ぼすというのは不自然ではありません。

そこで今回は血液型と睡眠の関係について調べてみました。

[ スポンサードリンク ]


睡眠時間とAB型の関係

AB型は睡眠時間が長くなる2

 

血液型診断の中には科学的に実証されているものもあります。

その一つが、AB型の方は睡眠時間が長い傾向にあるというものです。AB型の方には12時間も睡眠を取らなければ眠った気がしないという方もいます。

 

血液型は細胞や粘膜の血液型物質で決まるものであり、血液型物質とはすなわち免疫物質です。

O型の方は抗A抗体と抗B抗体を持ち、体内への最近の侵入を防ぐリンパ球も多く、全ての血液型の中でもっとも免疫力が強いとされています。

これに対し、AB型はもっとも免疫力が弱いとされており、ちょっとしたことで体調を崩したり、精神的にも落ち込みやすいのが特徴です。

そのため、体の機能を回復させるために長時間の睡眠を取らなければならないとされています。

 

今後は血液型診断の更なる展開も?

AB型は睡眠時間が長くなる3

 

血液型診断によると、AB型は内向的な性格であり、アウトドア派よりもインドア派が多いという傾向があります。

しかし、上述した通り、こうした血液型診断による分類にもしっかりとした根拠があったのです。

血液型診断の研究に意欲的なのは日本の他には諸外国のほんの一部ですが、今後の脳科学の発展によって血液が心身に与える影響が明らかになっていくかも知れません。

 

AB型の方は免疫力が弱いので、体調を崩して一日の大半を睡眠に費やさなければならなくなるということが起こりやすいです。これを回避するためには日頃から質の高い睡眠を取るように心がける必要があります。

 

規則正しい食生活、適度な運動などの他、睡眠環境を整えることも大切です。

枕は自分の体に合ったものを使用し、夏場はクーラーを、冬場はヒーターを使い過ぎないように気を付けます。

また、ヒーリングミュージックやアロマテラピーには脳波の切替をスムーズにし、寝つきを良くして眠りを深くするという効果があるので、居間、浴室、寝室などに取り入れてみるといいでしょう。

    [ スポンサードリンク ]


    この記事を読んだ方はこちらの記事も参考にしています:

    [ スポンサードリンク ]