理想的な睡眠時間は7時間?それとも9時間? 最適な睡眠時間を知る5つの方法

一般的に睡眠時間は7時間から9時間ほどが適当とされていますが、最適な睡眠時間というものは個人差があります。

最適な睡眠時間を知るための最も簡単な方法が目覚まし時計をかけないというものです。

理想的な睡眠時間は何時間?最適な睡眠時間を知る7つの方法!

 

そもそも、現代人の寝不足、不眠症、睡眠障害の多くは目覚まし時計で強引に体を覚醒させることが原因とされており、目覚まし時計を使わなくなればこれらの問題が解決することが多々あります。

しかし、学校や仕事がある方はこの方法を選択することは難しいかも知れません。

[ スポンサードリンク ]


最適な睡眠時間を知る5つの方法!

理想的な睡眠時間は何時間?最適な睡眠時間を知る7つの方法!2

 

最適な睡眠時間は人によってそれぞれ違います。

自分に合った睡眠時間を知るために、次の5つの方法を紹介します。

①少しずつ睡眠時間を増やしていく

最適な睡眠時間を知る方法の一つが睡眠時間を少しずつ増やしていくというものです。

睡眠時間を少しずつ増やしていき、朝スッキリと目が覚める睡眠時間を調べていきます。なお、起きる時間を遅くすると寝付きや寝起きに影響が出るため、必ず眠る時間を早くする必要があります。

②睡眠グッズを使用する

近年では最適な睡眠時間を知るためのグッズも販売されています。オムロン社が販売しているねむり時間計は寝付くまでの時間、睡眠時間、睡眠の満足度などを計測してくれるため、非常に有効です。※記事の最後に公式紹介動画を貼っていますので、参照下さい。

③スマートフォンアプリを使用する

スマートフォンのアプリケーションにも最適な睡眠時間を知るために有効なものが数多く配信されています。レム睡眠とノンレム睡眠を計測し、寝返りやイビキなどを感知し、眠りが浅くなったタイミングで起こしてくれるのでスッキリとした目覚めを味わうことが可能です。グラフ化してくれるので分かりやすく、視覚的に自分の最適な睡眠時間を知ることができます。無料で試すことができるのも多く、手軽さが魅力です。

④医師の診察を受ける

こうした方法を試してみても、最適な睡眠時間がよく分からなかったという場合、医療機関を利用できます。内科や呼吸器科などの診察を受けることで、客観的かつ医学的根拠に基づいた正確なデータを知ることが可能です。

⑤PSG、MSLT、アクチグラフによる専門検査を受ける
睡眠ポリグラフ検査(PSG)、睡眠時反復検査(MSLT)、アクチグラフといった3つの専門検査でも最適な睡眠時間を調べることができます。睡眠ポリグラフ検査は睡眠時における脳波や呼吸などを計測し、覚醒時との比較によって睡眠障害の有無や種類などを調べていきます。睡眠潜時反復検査は日中2時間毎に4回程度昼寝をし、眠りにつくまでの時間や脳波から日中の眠気の度合いを調べる専門検査です。アクチグラフでは特殊なセンサーを装着して睡眠時と覚醒時の生活状態を自動的に計測し、睡眠リズムを調査します。

 

このように、最適な睡眠時間を知る方法はたくさんありますので、まずは手軽に出来るものからはじめてみるといいでしょう。

オムロン社の「ねむり時間計」公式動画

    [ スポンサードリンク ]


    この記事を読んだ方はこちらの記事も参考にしています:

    [ スポンサードリンク ]