寝不足で痩せるは嘘?!寝不足が続くと太ってしまう現実とは?

食事に気をつけていたり、運動を定期的に行ってみたり…痩せるためにいろいろ工夫はしているけれど一向に痩せない!

もう痩せるために頑張るのはやめようか・・・なんて気になったことがある。そんな方は今回必見!

いろいろ工夫しているのになかなか痩せない。頑張っているのにどうして痩せないのか分からない。と落ち込んでいる方もいるのではないでしょうか?

実はあなたがなかなか痩せない理由は、ずばり“寝不足”が原因なのかもしれませんよ!

[ スポンサードリンク ]


どうして寝不足で太ってしまうの?

そもそも、どうして寝不足だと私たちは太りやすくなってしまうのでしょうか?

寝不足がデブのもと?!その理由
・寝不足状態が続くと、食欲を抑えてくれる“レプチン”と呼ばれるホルモンが少なくなってしまう。
・又、その一方で、“グレリン”と呼ばれる食欲増進の働きがあるホルモンがどんどん増えていってしまう。
・寝ている間に分泌される成長ホルモンの量が減ってしまい、基礎代謝が低下してしまいやすい。
・寝ている間に脂肪を燃焼してくれる“コルゾチール”というホルモンが、寝不足により働かなくなってしまうから。

思い起こしてみてほしいのですが、これまでの経験で夜遅くまで起きていると、お腹がすいてくることってありませんでしたか?深夜に食べるカップラーメンって、異様においしかったりもするんですよね。

これってシンプルに食事からの時間経過によるものでもありますが、前述の通り“ホルモン”がキーポイントになってきているんですね。

寝不足になってしまうと、食欲が抑えられなくなってしまい、その上食欲がどんどん出てくる。代謝を高めてくれる成長ホルモンの分泌量が減ってしまい、脂肪の燃焼をするホルモンの活躍の場も少なくなってしまう。

もはやダイエットにとっては『百害あって一利なし』なのが、寝不足というわけなんです。

 

ダイエットに最適な睡眠時間は何時間なの?

ではダイエットする上で、一番最適な睡眠時間とは何時間なのでしょうか?

  1. 4時間睡眠
  2. 7時間睡眠
  3. 6時間睡眠

答えは、ここまでのお話でもお分かりの通り、ずばり2番の7時間睡眠です。逆に言うと、1番の4時間睡眠は一番太りやすいんですね。

これは、実はとある実験結果に基づいている結果なんです。実験というのは、アメリカのコロンビア大学で実施されたもので、約1万8000人を対象に実施されたもの。

肥満になる確率で高ポイントを獲得したのは、上記1番の4時間睡眠の方々だったんです。

その結果はなんと平均睡眠時間が4時間以下の場合、驚くべきことに7割以上の確率で肥満になってしまうというものだったんです。うーん…恐ろしい…!

 

寝る時間帯にもこだわってあげること

じゃあとりあえず、7時間寝ればいいんでしょ!-そう思って例えば夜中の3時過ぎから朝の10時まで寝る生活でも痩せるか否かといわれると…必ずしもそうとは言いきれません。

というのも、前述の通り私たちの成長ホルモンは、基礎代謝をアップさせてくれる働きが期待できますよね。

その成長ホルモンが活発に分泌されるのは、私たちの体が深い眠りについたタイミングなんです。

この深い眠りにつくタイミングというのは、眠りについてからの約3時間経過するまでの間。

それに加えて夜中の3時。つまりは、夜中の3時過ぎから就寝するのでは遅すぎるんですね。

少なくとも夜中の3時までには眠るようにする必要があり、そうすることで成長ホルモンを味方につけて痩せ体質をゲットできるというわけなんですよ。

 

食事にもこだわってあげると相乗効果アップ!

いかがでしたか?

ちなみにプラスアルファでお勧めしたいのは、食事面でも成長ホルモンを促してあげてほしいという事。

具体的に言うと、たんぱく質をしっかり摂ってあげてほしいんですね。というのもタンパク質は、成長ホルモンの材料にもなってくれるからなんです。

できるのであれば、夜寝る3時間前までに食事の中でタンパク質を摂ること。そうすることで、就寝中にたんぱく質が体内で消化吸収され、成長ホルモンの分泌を促してくれますよ♪

    この記事を読んだ方はこちらの記事も参考にしています:

    [ スポンサードリンク ]